『らくがきメゾット』で社員の絆を深める!

カテゴリー
2020.3.6コラム
リブランドマネジメントの魅力の一つは『社内の風通しが良いこと』です。
 
普段からお互い持ちつ持たれつ、お互い様、お陰様で仕事をしています。とはいえ、普段業務に追われる日々、プライベートも様々ある中、さらには年齢やバックグラウンドの違う人間同士です。
やはりそのままではわかり得ないことも多くあるもの。
 
そこで当社が取り入れているのが、
一般社団法人 日本らくがきセラピスト協会
代表理事 いとうまり先生をお招きして行っている
『らくがきメゾット』です。
 
『らくがきメゾット』
 
まずは、「最近の私」と題して、みんなでお絵かきタイム。
ちなみに私、見谷が描いたのはこんな絵でした。
その後、絵のタイトルを決め、その絵を描いた気分やどんな思いなのかをシェアし合います。
 
イメージしがちなのは、いとう先生が「あなたはズバリこんな気持ちですね!」とみんなの前でバラされる!ということかも知れませんが、そんなことはありません。
 
いとう先生が優しく「これを描いたのはどんな気持ち?」「『私』はここにいる?」などと質問を投げかけてくださることにより、自然に想いや悩みをプライベート含め打ち明ける空気を作ってくださいます。
 
侮るなかれ!『らくがきメゾット』!
そうしてお互いの考え方や普段の悩み、そして人間性を知ることにより、みんなの心の距離をぐっと近づけた後に、今回は会社としてお客様に何をご提供できるのか、さらには競合他社の分析までワークやシェアを行います。
もう一度言いましょう。
侮るなかれ!『らくがきメゾット』!!!
 
 
そして、今回は新たなメンバーが加わったということもあり、みんなで描いていた、現在と5年後の『リブランド号 宙船』と名付け描いた絵のプレゼンテーションを、曽谷さんが行ってくれました。
もちろん絵だけでは終わっておらず、そこから数字に落とし込まれた目標も社内で再度共有し合います。
 
 
そうして今回もお互いのチームワークが深まり、研修終了!
 
次回までの宿題は
くじびきで決まった相手の「ここが良いね!ポイント」を一か月間こっそり観察し、次回発表するということ。
 
今、私たちはお互い誰に観察されているのかを知らないので、ドキドキわくわくしながら過ごしています。
 
 
このようにリブランドマネジメントでは社内の絆やチームワークを様々な方法で深め、お客様へ還元できるよう日々努めております。
 
これからも社員一同、お互い刺激し合いながら頑張ってまいります!
 
 
今回ご紹介した
一般社団法人 日本らくがきセラピスト協会
HPはこちら