知っていますか?住宅リフォーム費用の目安!

カテゴリー
2014.4.28コラム
費用を知りたいのならまずは建物の構造を知りましょう。
1.木造(在来工法、2×4)
2.鉄骨(プレハブ、重量鉄骨)
3.コンクリート(ラーメン構造、壁式構造)
と大きく分類されます。
 
次に戸建か集合住宅(マンション、ハイツ)と用途が少し異なる事を知りましょう。
 
 
まずは木造住宅から始めましょうか。
在来工法と2×4工法とで異なる事は壁の中、天井の中の配線・配管経路に違いがあり、
在来工法は比較的用意ですが2×4工法は遮蔽している箇所が多いので配線・配管が困難となります。
 
木造構造で一番悩まされるのが、老朽化、腐食、耐震基準が昔の物で総合的に表現するなら
古い建物(築30年〜40年)と言います。
古い建物はどこまで傷んでいるか分からず、工事途中に発覚する事があり
追加費用と成るケースは少なく有りません。
木造住宅リフォームの不安な部分で、過剰な補強工事や法外な追加金額を要求される事が横行して
居ますが、そこは事前に想定であっても説明が有ったり、近くに(同市とか)所在している施行店等をチョイスするのも一つの安心だと思います。
目安費用が安いだけの施行店で大丈夫かな?
次回はマンション編でお話しします。