Blog子育てに役立つ家づくりブログ

一般住宅と高性能住宅の暮らしやすさはこれほど違うの?!

住まいブログ

こんにちは福家です。

今回は住宅の性能を少し詳しく説明します。

健康にも密接に関係しているのですよ!

一番重要なのは家の中のエネルギーが適切に保てるかで、

それが出来ないのはどこからかエネルガーが

逃げていってるのか知ることです。

専門的な用語にしますと熱損失と言います。

図を見て頂いてもお分かりの様に、各部位から熱の出入りは

行われまして、特には窓が一番の要因です。

これらの各部位にエネルギーの出入りが用意に行われない

ように施すことで住環境は大きく改善され、快適空間を手に入れることが

出来るのです。

熱損失を熱損失係数として数値で表すことが出来ます。

これは断熱性能を数値で表すことにより建物の評価を

しやすくしていて、もちろん数値が小さい方が優れていて、

評価は高いと言うことです。

Q値=建物の表面からの熱損失の和+換気による熱損失(W)÷ 建物の延べ床面積(㎡)

で計算することが出来、同じ床面積の建物でも、建物の表面積が多いほど

Q値は大きくなってしまいます。

従いまして表面積の部分に熱の出入りがしにくい素材を使用し

熱損失の和を小さくしていくことでQ値を下げ快適空間に

近づけていきます。

もうひとつ重要なことが建物の隙間の部分で、いくら

表面積の部分に断熱性の高い素材を使用していても

建物に隙間が多くてその部分からの熱損失があることは

とてももったいないことに繋がります。

またまた専門用語ですが隙間相当面積といいC値として

表すことが出来いわゆる気密性の善し悪しを評価します。

C値=建物全体の隙間(㎠)÷ 建物の延べ床面積(㎡)

これも数値が低い方が優れています。

Q値、C値の数値を小さくすることで、建物の断熱性能は格段に

上昇します。

家の断熱性能を高くすると健康になる?ほんと?

なるのです!

次回ご期待ください!



子育てイベント開催中!

子育てに自信をつけよう!

最新の脳科学では「家の間取り」と「子どもの能力開発」はリンクするというエビデンス(学術的根拠)が発表されています。
子育てに役立つ住まいや暮らし方を知り子育てに自信をつけましょう!

ご参加特典

ぬりえ付小冊子「頭のいい子に育つ0歳からのぬりえ~ぬりえで育つ!6つの効果~」をプレゼント。
世界でひとつだけのおうちをデザインしてみよう!

ご参加特典。ぬりえ付小冊子「頭のいい子に育つ0歳からのぬりえ~ぬりえで育つ!6つの効果~」をプレゼント。
子育てイベント一覧