一戸建て・注文住宅・新築・リフォームなら大阪北摂(吹田市・豊中市・江坂)の工務店まで

造成工事に伴う擁壁築造

カテゴリー: リブランド住まいのお役立ちブログ

こんにちは! 福家です土地の有効利用のお話です。

擁壁とは土地の形質を変更するため、土留めの為

コンクリートやブロックで造るものです。

IMG_8227

 

上記図面の通り現場は出来て行きます。

今回はCP型枠L型擁壁と言うもので、ベースの

コンクリート打設ごブロックを積み上げて行きます。

IMG_7881

ご覧の様に水路のコンクリートと地盤面の高低差が

あるため土が崩れ落ちない様に成って行きます。

IMG_7879

ベースの鉄筋組み立てとコンクリートを打設するため

その部分を掘削工事で高さ、幅を確保して行きその後

捨てコンクリートを打設します。

IMG_7921

捨てコンクリート打設ごベースの型枠をいれ

鉄筋を組立てて行きます。

IMG_7959

鉄筋の組立て風景は無く、ベースコンクリート打設

完了しています。

建っている鉄筋が骨になり間配りしてあるブロックを

積んで行きます。

IMG_7979

IMG_8067

こんな感じで。

穴の開いている部分には擁壁の強度確保のため

所定の配合のコンクリートを流し込みます。

IMG_8219

最終的に仕上るとこの様になります。

穴が所々開いているのは擁壁の中側(敷地側)に浸透した

水がたまらない様に水抜きパイプとして配置したまった水は

穴から出てきます。

ご覧頂ける様に法面だった敷地も水平に利用でき、

水路の管理もしやすくなり、土地の所有者、土地の使用者

隣接地権者(水路)みんなが有効活用の恩恵を受けます。

しかし土地所有者、使用者の費用負担に成りますが、

事業用用地として利用するので長いスパンで考えると、

充分収支は合うと思います。

 

最近の画像つき記事

ライター紹介

福家孝

小学校4年生から建築の仕事をすると決めて
終始一貫ぶれずにやってきました。
好きだからこそ続きましたし、これからも変わる事はないでしょう!

一級建築士/福祉住環境コーディネーター

お問い合わせ