得する家を建てるために、絶対欠かせない3つの要素

よい家の条件とは何なのでしょう?やはり資産価値が高いことですね。では資産価値が高いとはどのような家をさすのでしょうか?
耐久性とデザイン性にすぐれ、省エネ性能が高く、メンテナンスが最小限ですむ家のことです。
ではこの中で最も重視したいのは、省エネ性のです、更に細かく言うと断熱性、気密性、換気性能に優れていること。この三つを備えている家は、必ず快適な心地をもたらしてくれることは間違い有りません。

8b1375b807d3933ab10b689afe3cc67d_s

気密性、断熱性、換気性能に優れて家が「いい家」

機密性能の高い家では、家の中の空気と外の空気が厳重に遮断されています。そのため隙間風を感じることが無く、防音性にも優れています。
断熱性の高い家は室温が外気温の影響を受けることが少なくなります。住宅は屋根、外壁、窓を通して室内と室外の間で熱の交換が起こりますが、優れた断熱材を使うことで、それを防ぐことが出来ます。その結果冷暖房の効率がよく、夏は涼しく冬は暖かく過ごすことが出来るのです。

8f7a236059bf8f3e830fb37da1b6449f_s

部屋の温度差は命にまでもかかわります。

最近耳にするようになりましたが、ヒートショックとは、冬場に暖かい部屋から寒い部屋へ移動したときなど、急激な温度差によって生じる健康被害です。
温度差によって血管が収縮したり血圧が上がるので、脈拍が早くなったり心臓に負担がかかります。その結果不整脈や心筋梗塞を起こし、死に至ることが有ります。また冬に起こる現象で「コールドドラフト」も有ります。暖房時に起こる冷たい空気の流れのことです。暖められた空気が窓や壁で外気によって冷やされ冷気に変わり、室内に温度差を起こします。暖房をつけているのに足元だけが寒いといった現象です。

aca61c53fa1567aeaa8fb21d2fc2c212_s

高性能な住宅はお財布にもやさしいのです。

ヒートショックやコールドドラフトをなくすためには家中の室温をすべて均一にしなければなりません。大半の既存の住宅ではこれを実現しようとすると、莫大な光熱費がかかってしまいます。かといって断熱性能を上げるリフォームを行うと1000万円以上のコストがかかってしまいます。
だからこそ家を建てる時には断熱性能を高める対策を取っておくべきなのです。建築時であれば費用も100万円程度のプラスで住みます。それで省エネ性能は高まり、光熱費も大きな節約になります。

e7acb2c2b966eb7bd8976f6db0671490_s

得をするのは持ちをんですが、絶対失敗しないことが重要です。私たちは北摂を中心とし、注文住宅を通じて暮らしの必要な方へ家を提供しております。
満足いく家は3回建替える必要が有るといわれていますが、1回で最大限、理想に近づきましょう!!

投稿日: