一戸建て・注文住宅・新築・リフォームなら大阪北摂(吹田市・豊中市・江坂)の工務店まで

建物の骨組み(鉄骨店舗編)

カテゴリー: リブランド住まいのお役立ちブログ

こんにちは!井阪です。

久しぶりの登場となりました。

今回は当社が施工している店舗建物の骨組み、鉄骨躯体について紹介したいと思います。

鉄骨構造は大きく分けると3種類あり

①木造軸組構造と同様に柱、梁、筋交いを利用したブレース構造

②柱と梁を完全に固定(剛接合)して筋交いを不要としたラーメン構造

③小さな三角形を多数組み合わせたトラス構造

があります。

今回は①の鉄骨ブレース構造について説明します。

この構造は、当社が得意とし平屋建新築店舗で採用しているものです。

 

基礎が完成。木造住宅とよく似た布基礎です。

 

DSCN1538※

基礎に埋込しているアンカーボルトに柱を入れて鉄骨を建てていきます。

10㎝×10㎝角の柱を何本も建て、H型鋼の梁を取付します。

DSCN1557※

基礎と柱はアンカーボルトで頑丈に固定します。

DSCN1702※

そしてブレース構造の特徴である筋交い=ブレース(☓に見える)を柱間・梁間に取付します。

このブレースで柱・梁の骨組みが変形するのを抑える重要な部材です。

DSCN1609※

DSC07655※

DSCN1617

鉄骨を建て終え、外壁と屋根の板金を貼れば躯体工事は完了し、内装工事に引き継ぎます。

DSCN1745※ DSCN1739※

実は今まで紹介してきた鉄骨ブレース構造を採用する、設計事務所、工務店は

ほとんどなく、木造や重量鉄骨ラーメン構造が多数です。

なぜ少ないかと言うと、プレハブという感覚で、構造上の信頼度や耐久性を懸念して、

鉄骨ブレース造の構造設計・構造計算に取り組まなかったからです。

しかし、他の構造と同様に建築基準をクリアして建てるので、構造上の問題は

何ら変わりありません。

鉄骨ブレース構造のメリットは何といっても建物自体の自重が軽いので

基礎工事費・鉄骨工事費を軽減出来るので、総合的に建築コストを縮減できます。

また、木造では耐火性の問題や梁中間に柱が必要となりますが

鉄骨ブレース構造では梁の長さが最大12m 柱無しの空間が出来ます。

DSCN4072※

当社は近年、鉄骨ブレース造の構造設計・構造計算に取り組み

出来る体制を確立し、施工実績も上げています。

全ての建物を『鉄骨ブレース構造』ということではなく、メリットがある物件に

おすすめしたいと思います。

DSCN1924※

 

最近の画像つき記事

ライター紹介

井阪昇

奈良県吉野郡出身で大阪市在住、建築に携わり30年になります。
仕事に関しては妥協を許さないがんこ親父ですが、
家に帰ればやさしい親父にかわります??
飛行機と建築が大好きな男です。

お問い合わせ