一戸建て・注文住宅・新築・リフォームなら大阪北摂(吹田市・豊中市・江坂)の弊社にお任せください

地元消防団は地域を守る

カテゴリー: リブランド住まいのお役立ちブログ

消防団員は消防職員とは違いますが、非常勤の

特別職公務員と言う位置づけです。

IMG_8193

 

私たちは基本的に月1回の訓練と、会議を行いまして

日頃の災害に準備を整えています。

IMG_8189

消防車は本部と同じもので地元には屯所と言う消防車及び

ホースなどの備品を保管する場所が有るのです。

IMG_8197

日頃の訓練では規律訓練と、放水訓練、消防車の操作訓練

など念入りに行い、ポース等は損傷が無いか水を通して

点検します。

消防車にもホースは搭載されていますが、いざという時の

入替えが瞬時に出来る様に、整理整頓は書かせません。

IMG_8199

火災現場に到着すると消防団員は直接放水する事は

少ないですが、ご覧の通りの部分を操作しないと成りません

吐水口、吸水口、中継のホースを接続する部分とポンプ車自身を

操作するスロットル、状態を確認する計器と消防車の側面、両面に

配置されています。

IMG_8196

消防車には防火服、ヘルメットも搭載されていて、火災現場で

着用します。

消防車には最大6人が乗車する事が出来、人数分の着衣は

用意されています。

消防団員は日頃別の仕事についていますので、消防司令が

発令されても6人揃う事はあまり無く、最小人員は3人で

ですので人が揃わなければ出動が出来ないのです。IMG_8191

現場では生の声では伝わらない事が有りますので

伝達は無線で行います。

これも日頃の訓練でいつ何時も使用出来る様に

団員全員で練習しています。

今回関西テレビで初の消防団員をテーマにしたドラマが

放送されました。

「HEAT」

私は見れなかったのですが評価は?・・・・・

地域の安全を守るため、私たちは頑張ります。

 

 

最近の画像つき記事

ライター紹介

福家孝

小学校4年生から建築の仕事をすると決めて
終始一貫ぶれずにやってきました。
好きだからこそ続きましたし、これからも変わる事はないでしょう!

一級建築士/福祉住環境コーディネーター

お問い合わせ