一戸建て・注文住宅・新築・リフォームなら大阪北摂(吹田市・豊中市・江坂)の工務店まで

京都 三十三間堂は長い

カテゴリー: リブランド住まいのお役立ちブログ

三十三間堂は京都市東山区三十三間堂廻町657に位置します。

IMG_8038

正式名書は蓮華王院ですがお堂の部分が三十三間有りますので

三十三間堂と通称されているそうです。

建物自身は梁間6間(22m)桁行35間(120m)で構成されて

いまして堂内には1000体の観音立像が奉られていまして、500体

位には作者名が刻まれています。(堂内撮影禁止の為写真なし)

IMG_8044

平安時代の後期に創建されていたのですが建長元年に火災に遭い

鎌倉時代に再建されたものが現在のもので、外装は当時の色を

復元されていてその頃のにぎわいを感じさせてくれます。

IMG_8051

お堂の下に半円状のものが配置されていますがこれは

まさに免震技術だそうです。

平安時代にはもっと大規模な建物が存在したそうですが、

地震、火災で寿命が短く、その反省もふまえて耐震には

配慮をしたそうです。

そんな時代に駆使した事が、現在の日本の素晴らしい建築技術に

反映されているのだと思いました、すごい!

IMG_8056

三十三間堂と言えば成人の日にに行われている通し矢です。

始まったのは定かでは有りませんが桃山時代には行われて

いたそうです。

120mを何本射通すかを競ったそうですがこの写真を見ても

分かる様に長いですよ〜

一度見てみたいですね、来年の成人の日はいってみましょかね!

この建物はシンプルですが見応え有りました。

最近の画像つき記事

ライター紹介

福家孝

小学校4年生から建築の仕事をすると決めて
終始一貫ぶれずにやってきました。
好きだからこそ続きましたし、これからも変わる事はないでしょう!

一級建築士/福祉住環境コーディネーター

お問い合わせ