一戸建て・注文住宅・新築・リフォームなら大阪北摂(吹田市・豊中市・江坂)の弊社にお任せください

パッシブハウスで夏も冬も快適!

カテゴリー: リブランド住まいのお役立ちブログ

こんにちは 福家です。

まずはパッシブファーストと言う言葉から。

家において断熱、気密性の高い躯体と自然エネルギーの融和

ITによるコントロールによって大変少ないエネルギーで

快適な居住空間を造ることで、その考えでつくる年中安心で

快適な家のことをパッシブハウスと言います。

インテリア

省エネ住宅の推移としまして、2020年に省エネ基準が義務化となり

最低基準へ。

2030年には国の目標は高いレベルにあるため市場における住宅性能は

上がって行くことが予想され、新築の平均でゼロエネルギー化と言うことを

目指しています。

LCCM住宅グラフ

外皮(入れ物)の性能を省エネ基準としたH11年基準と異なり、

現在のH25年基準は外皮の性能に加え、高性能設備を使用した

総合省エネ基準としています。

逆に言うと、いくら高性能な設備が有っても外皮性能が低くては

エネルギー効率は悪くなります。

エネルギー消費量グラフ

2020年以降に建てる住宅は、省エネ性能を確かめるため

エネルギー消費量を求めます。

決められた基準を下回る必要が有るのです。

住宅の良さを一目瞭然にするのが上記の図です。

住宅性能を計算する際に取得出来るラベルですが、省エネ基準に

対してその住宅の性能がまるで自動車の燃費の様に確認することが

出来ます。

家も近いうちに「燃費はいくつ」と聞く様になることは間違い有りません。

あなたは2030年には何歳になっていますか?ご家族は?

私たちも現在の基準をご提案することは致しません。

長く住んで頂けるよう「ゼロエネ住宅」でのベストプランを

ご提供させて頂きます。

次回はなぜ高性能住宅へ向かうのかをお知らせ致します。

 

 

 

最近の画像つき記事

ライター紹介

福家孝

小学校4年生から建築の仕事をすると決めて
終始一貫ぶれずにやってきました。
好きだからこそ続きましたし、これからも変わる事はないでしょう!

一級建築士/福祉住環境コーディネーター

お問い合わせ