一戸建て・注文住宅・新築・リフォームなら大阪北摂(吹田市・豊中市・江坂)の工務店まで

ずっと家にいたくなる、住宅づくりしませんか

カテゴリー: リブランド住まいのお役立ちブログ

パッシブファーストがそれを実現する!

パッシブファーストとは

931d43988465f861f59abdc61cb383aa_s

基本的な家の構造・耐震はしっかりと地震に強い強固な建物を前提に、設計・設備的な考えを自然の力を上手に使い、快適に生活できるとってもエコな住環境なのであることが、パッシブファーストな暮らしです。
断熱・気密・通風・採光・日射遮蔽など、建物全体が持つ基本性能を第一に考え、自然と、設備機器を上手に共存させて無理せずに省エネ性を実現することが出来るものなのであります。

「通風編」
通風設計を行う前に、まずは住宅を建設する場所でどのような風が吹くかを知ることが大事です。周辺の地形や近隣の住宅やマンションなどの建物の状況を考慮しながら、どういう風が吹くかを把握します。
また、季節や時間によって風向きや風速がどのように変化するかも調べます。
 ・風の出入り口を作る
通風量は(換気量)は小さい方の窓の大きさで決まります。例えば、風の出入り口となる窓の面積が大きくても、風の出口となる窓の面積が小さい場合、小さい窓を通る分の風しか建物全体を通り抜けることが出来ません。特に風の出入り口となる窓の面積に注意する必要が有ります。

風

「遮熱編』
熱の侵入を遮断し室温の上昇を抑制する遮熱設計のキホンをしろう。
同じ時刻でも夏は太陽の位置が高く、冬は低いというように、季節とともに太陽の通り道が移り変わることは皆さんもご存知の通りですが、壁や屋根が受ける太陽熱の量も、季節によって大きく変わります。遮熱の設計を適切に検討するためには、壁や屋根が受ける日射量の違いを理解する必要が有ります。

日射

『断熱編』
快適、健康な温熱環境を実現する断熱設計のキホンを知ろう。
 ・ 体感温度の向上
人間が感じる体感温度は室温と壁や床、天井、開口部などの表面温度の平均となります。すなわち、室温と表面温度の差が大きいと、冬期には体感温度が低くなり、逆に夏期は体感温度が高くなります。そのため、壁や床、天井、開口部の断熱性を高めることで、表面温度を高められ体感温度を改善することが出来るのです。
断熱

「設備編』
少ないエネルギーでも快適な設備機器の選び方のキホンをしろう
家庭で使われているエネルギーの割合で言いますと、給湯31%、空調23%、照明14%、換気8%、家電・調理26%です。
まずは給湯器のエネルギーを節約することが節エネに貢献できるでしょう。お湯の使用量を確認してみますと、1日でお風呂3杯分、1ヶ月で90杯分ものお湯を使っています。思ってよりたくさん使っていると感じませんか?したがいまして、設定温度を40℃から38℃へ下げるだけでも、10%のエネルギー削減につながります。

エコキュート

注文住宅の計画では上記の4項目を考慮し、パッシブファーストを意識することが、快適な空間を造ることが出来ると思います。
快適な家づくりこそが、ずっといたくなる家となるでしょう。

私たちは北摂を中心とした快適な暮らしが出来る家づくりのお手伝いをさせて頂いております。注文住宅をお考えの方はお気軽にご相談して頂ければと思います。

 

最近の画像つき記事

ライター紹介

福家孝

小学校4年生から建築の仕事をすると決めて
終始一貫ぶれずにやってきました。
好きだからこそ続きましたし、これからも変わる事はないでしょう!

一級建築士/福祉住環境コーディネーター

お問い合わせ