一戸建て・注文住宅・新築・リフォームなら大阪北摂(吹田市・豊中市・江坂)の弊社にお任せください

大阪・北摂地域で新築一戸建てを依頼するときの3つの注意点

カテゴリー: リブランド住まいのお役立ちブログ

新築一戸建、人生においては非常に大きな買い物で、これ以上の

買い物はないと思われます。

まずは商品が売られているものではなく、いかようにも変化し完成品は

それぞれの人の思いが込められて、二つととして同じものがないことが

非常に意味の有るもので価値あるものに成るのでしょう。

その価値はおのおのが思うものであり、その家族のものであり、

他人には理解されないものかも分かりませんが、そんなものです。

IMG_4623

(当社1階セミナールーム)

注意点1

これからの家族との暮らしかたを注意深く想像することが

重要に成ると思います。

30年、35年と長期にわたり資金計画を行いますので、

少なくともローンが完済するまでの人生設計を欠かすことは出来ません。

住宅購入においての落とし穴は、時間の経過とともに現れることが

あることを知って頂きたいです。

まずは家計を支える収入がどのように推移するかが大きな要素では有りまして

一人で稼ぐのか二人で稼ぐのかで計画は変化します、また支出の方は

子供の数やその子供に使う教育費の問題が有りまして、

具体的にいいますと中学受験や公立か私立か高卒か大卒かで大きく異なり、

住宅購入において費やせる費用を明確にすることが重要で、

住宅購入シュミレーションを細かく分析する必用が有ります。

そんな提案を出来る住宅会社を選ぶことも大事でしょう。

注意点2

2020年に住宅における省エネルギー性能の最低基準が義務化に成ります。

そのことは是非共知って頂きたいことだと思います。

未だ少し時間があるので、最低基準が実施される前に付加される性能を無視して

少しリーズナブルに建てることも可能では有りますが、実施後にはその建物の

資産価値が下がることは間違いないと思います。

例を取りますと耐震基準の改正が類似した法改正ではないでしょうか。

昭和57年に耐震基準が『新耐震」となり耐震に対する基準がそれ以前と

大きく変更され、今まで以上に構造強化を打ち出すことに成りました。

非常に残酷では有りますが昭和56年以前の建築物は、現行法では違法建築物で

有ることの位置づけは間違いなく、呼び方としまして「既存不適格」と

表現されています。

一般的に考えますと違法建築物は価値が低く資産価値としては低いものと

成ってしまいます。

だからこそ2020年省エネ基準を外すことが出来ないことは知っていて

欲しいです。

是非ともゼロエネルギー住宅を提案出来る住宅会社に相談して下さい。

IMG_4624(当社1階セミナールーム)

注意点3

北摂での住宅購入となれば土地探しに少し難しさを感じます。

何分土地の坪単価が高額で住宅と合わせての総予算はかなりの

額に成ることは否めません。

少しでも費用を押さえるためにも不動産業で土地を探すより、住宅会社を

先に選定し、その会社と探し出す方が効率のいい家造りが出来ることは

間違いないと思います。

なぜなら住宅会社は商品を売っている感覚ではなく、豊かな人生を送れる

ことを住宅を通してご協力できればと思っているからです。

 

 

 

 

 

 

 

最近の画像つき記事

ライター紹介

福家孝

小学校4年生から建築の仕事をすると決めて
終始一貫ぶれずにやってきました。
好きだからこそ続きましたし、これからも変わる事はないでしょう!

一級建築士/福祉住環境コーディネーター

お問い合わせ