一戸建て・注文住宅・新築・リフォームなら大阪北摂(吹田市・豊中市・江坂)の工務店まで

家を建てるときに押さえておきたい間取りのポイント

カテゴリー: リブランド住まいのお役立ちブログ

おはようございます

吹田市もとても暑くなってきました!

皆さん、ぶっ倒れないように水分補給しっかりしていきましょう!

今回のブログは「家を建てるときに押さえておきたい間取りのポイント」です

 

 間取りを考える上で押さえたいポイント5選

gatag-00011773

間取りを考えていくにあたって誰もが考えるのは、家族全員が気持ちよく暮らせる家にしたいということではないでしょうか?

家族の生活に寄り添い、光や風を上手く取り入れたプランは、よりよい暮らしにつながります
そのために、これだけは押さえておきたいというポイントを5つ紹介します

 

その1 採光で気持ちの良い空間作り

PP_isuisu_TP_V

採光は気持ちの良い空間づくりに欠かせません

気持ちの良い採光が得られる住まいにするためには、これから暮らす土地で、どの位置が一日を通して気持ちの良い場所かを知ること必要です

また、逆に採光が望めない場所を正しく知っておくことも大切なことです

そのためには、一日を通して土地をよく観察して、イメージを膨らませておいてください

間取りを考えるとき、一般的に東西南北に適した部屋を配置することから始まります

たとえば、居室などの人が長時間過ごす部屋これは南東に面した、一日を通して気持ちの良い採光が確保できる場所に配置します

トイレや浴室などの水廻りは、北西の夕日が差し込む場所や採光がうまく確保できない場所に配置するのが一般的です

しかし、その土地によって採光や通風の条件は様々です

全てに東西南北の常識が当てはまるとは限りません

嫌われがちな西日ですが、もしその土地に西日を避けられる植栽があれば、気持ちの良い採光に変えてくれることもあります

その土地によって得られる採光は様々ですので、事前の観察は欠かせないプロセスとなるのがわかります

 

その2 風はどのように通るか

150906123959_TP_V

家の中にいても、風を感じられると気持ちがいいものです

是非とも自然の風は、採光とともに取り入れたいものです

風を上手く室内に取り入れるためには、窓の配置が重要になってきます

窓の配置を考える際は、以下のことを考慮しましょう

 

その2-1 一部屋に2箇所以上窓を取り付ける

PA151026263510_TP_V

気持ちの良い風は、通り道がないと入ってきません

出来れば、一直線で結べる対面した位置に窓を設置するように心がけましょう

間取り図があれば、窓と窓を線で結び、その線が複雑にならないようにすることを心がけると、風を呼び込みやすくなります

 

その2-2 高い位置と低い位置に窓を取り付ける

MAR75_senmenjyo20140629_TP_V

低い位置の窓は冷たい空気を取り入れることに有効で、高い位置の窓は温まった空気を逃がすことに有効です

熱気を逃がすためには、吹き抜けを活かすことも有効な手段です

窓の高さを考える際には、視線を逃がしたり、防いだりすることも合わせて考えられるとさらに良いです

 

その2-3 窓の種類を考慮する

TSURU_sumahogame_TP_V

一日中開放できる窓を設置することで、気持ちの良い風を家の中に流し続けることができます

通風のための窓であれば、上げ下げ窓や縦すべり出し窓など、小さくて価格の安い窓を計画すると経済的でもあります

 

その2-4 地域の風向きを考える

taifu-0I9A5577_TP_V

通風環境も地域や周辺環境によって異なります

特に大阪はその地域特性として、偏西風が年中通してよく吹くといわれています

この偏西風をウィンドキャッチャーによって効果的に室内へ取り込むことで、夏でも心地良い風が室内を通り抜け、冬には短時間で効率良く換気ができる風の通り道を、住まいの中につくりだします

通風環境も地域や周辺環境によって異なります

特に大阪はその地域特性として、偏西風が年中通してよく吹くといわれています

この偏西風をウィンドキャッチャーによって効果的に室内へ取り込むことで、夏でも心地良い風が室内を通り抜け、冬には短時間で効率良く換気ができる風の通り道を、住まいの中につくりだします

 

その3 日々の暮らしをイメージする生活動線

IMG_6036o_TP_V

生活動線を知ることは、その家庭に合った間取りを考える上でとても重要です

正しい生活動線を考慮することは、より暮らしやすい住まいへの近道と言えます

まずは家族一人ひとりの日常的な一日の動きや流れを想定し、使う部屋と部屋の中にいる時間を書き出して、情報を整理してみると良いでしょう

可能であれば、現在だけでなく5年後、10年後も想定してみましょう

将来的に必要になる両親の介護、巣立つ子供や増える子供など、今とは違う家族構成まで考えておくと、より長く住みやすい暮らしを実現できます

間取り図が出来上がったあとでも、家族一人ひとりの動線を図面に書いてみることで、住みやすさや問題点の確認になります

生活動線の確認は、間取りを変更する度に行うといいでしょう

 

その4 家電と家具の配置

151026M_109r_TP_V

便利な日常生活に家電と家具は欠かせません

後回しにしがちですが、間取りを考える時点で使用する予定の家電・家具の寸法や位置も計画しておきましょう

この時点から計画しておくことで、後々コンセントや照明の位置を検討しやすくなります

家具の配置が決まったら、設計者に伝えて図面に書き込んでおいてもらうと間違いがありません

 

その5 外構計画もお忘れなく

N112_48kireinateian_TP_V

庭やアプローチの計画も、暮らしやすい住まいを考えるためには大切です

特に忘れがちなのが、いま車を所有していないご家庭の駐車場の計画

将来的に車を何台所有するのか、所有する予定はないのかなどは検討しておきましょう

また、外に設置する水栓も配管が必要になるため、間取りを検討する時点で決めておきたい項目のひとつです

お湯の必要性や、外水栓の使い道などを考慮した上で、丁寧に計画しておきたいです

 

今回のブログは「家を建てるときに押さえておきたい間取りのポイント」でした!

他の話

・アートの島、直島への行き方、楽しみ方パート1
http://www.liveland.co.jp/blog/a-tonosima/

・アートの島、直島への行き方、楽しみ方パート2
http://www.liveland.co.jp/blog/a-tonosima-2/ ‎


・アートの島、直島への行き方、楽しみ方パート1
http://www.liveland.co.jp/blog/a-tonosima3/

・リフォームか建て替えか、迷ってしまう方へ
http://www.liveland.co.jp/blog/reformorreconstruction/

・注文住宅の口コミをみるときに注意したい4つのポイント
http://www.liveland.co.jp/blog/kuchikomi4point/ ‎

 

最近の画像つき記事

ライター紹介

曽谷拓実

Q.性別  A.男です。
Q.出身地 A.大阪府吹田市青山台です。
Q.年齢  A.23歳です。
Q.趣味  A.寝ること(暇があれば寝ています)
Q.特技  A.寝ること(どんだけうるさいところでも寝れます)
Q.口癖  A.あーね!
Q.これだけは誰にも負けないこと  A.目をつむってから、熟睡状態になるまでの速度
Q.好きなアーティスト  A.EXILE!!
Q.好きな曲  A.EXILEの曲
Q.好きな言葉  A.なんとかなる
Q.好きなドラマ  A.医龍(無理難題をみんなの力を合わせて、乗り越えていくところが好きです)
Q.好きな映画  A.ロード・オブ・ザ・リング(劇中の現実と非現実の間のような風景が好きです)
Q.好きなスポーツ  A.サッカー(ウイニングイレブンは得意です)
Q.好きな食べ物  A.事務所の近くの王将の特ハンセット
Q.人生今まで一番の思い出  A.人生、初の海外旅行スペインです!サグラダ・ファミリアの完成が待ちどおしいです

最後に一言
ここ最近で会社の車を、キズつけまくってしまっています。
こないだは、フロントガラスにヒビを入れちゃいました
運転、きおつけます(T_T)

お問い合わせ