一戸建て・注文住宅・新築・リフォームなら大阪北摂(吹田市・豊中市・江坂)の工務店まで

地元消防団の定期訓練、地域の防災活動!

カテゴリー: リブランド住まいのお役立ちブログ

毎月一度の消防訓練、今回は消火活動演習

IMG_9641

豊中市消防訓練所にて行いました。

本日は静かですがここは消防本部の隊員たちが日頃

訓練を行っている場所でして、私たちは日曜日にここで

消火訓練を行っています。

IMG_9642

朝礼にて本日の訓練内容の確認と、安全点検を行い

準備体操の後に実施訓練が始まります。

「本日の参加人員は21名!!」

IMG_9640

まずは小型ポンプにての訓練に成りますが、普段は消防自動車と

一緒に屯所で待機ですので、たまにはエンジンの始動を行い

消火活動に支障がきたさないか点検もかねての始動です。

このエンジンは2サイクルガソリンエンジン、2気筒で

セルモーターはなく紐を引張っての始動ですが、ガソリンが

廻る迄には少し時間を要することもあり、引き手は息が切れます。

IMG_9648

この訓練場は伊丹空港の着陸側にありまして、写真の通りの

位置関係ですので、飛行機の通過時には話は聞こえません。

けっして墜落して行ってる画像ではありませんよ!

小型ポンプの放水も確認出来たので、今度は消防車で消火訓練を

行うことに成りました。

IMG_9656

5人一組となり連携をとりまがら、放水迄行います。

車に乗り込む迄に役割分担を決め、いざ出動です!

本番さながらの訓練に成ったのでしょうか?

IMG_9655

消防車を現場まで運転することがなかなか無く、訓練時に

ようやく運転する機会に触れるくらいです。

緊張の一瞬。

IMG_9657

消火栓のふたを開けて消火栓にアダプターを取り付け、

給管を接続し消防車へ水を送ります。

ホースは2栓延長するため途中に分岐バルブを

装着しました。

IMG_9644

赤色のホースが見えていますがこれが消防車からの水源で、

二股バルブにて延長されます。

二つのとってはバルブが閉まっている状態で、放水の合図と共に

バルブを開き水を送ります。

IMG_9659

火元の最前線は筒先を持った者に託され、いち早く消化出来るかが

重要に成りまして、その分大変危険なポジションでもあります。

後ろでサポートしている者は、筒先を自由に操れる様にホースの

水圧を最前線に伝わらない様に、ホースを前に押す係で長時間は

二人とも体力を消耗します。

火災現場ではもちろん防炎性の高い服を着ての活動と成りますが、本日は

訓練でもあり動作の確認でしたので、ご理解ください。

IMG_9671

本日の訓練の振り返りを行い、反省点は次回に生かし

円滑な消火活動で地域の防災を守って行くことにで

締めくくられます。

最後の号令は「分かれ」 「よし」 敬礼で解散します。

お疲れさまでした!

IMG_9672

「南豊島分団よりセンターへ」

「こちらセンター、南豊島分団どうぞ」

「原田訓練所より屯所へ帰隊、以上」

「センター、了解しました」

とのやり取りで消防車が格納されます。

本日の訓練はこれにて終了です。

訓練に参加されました皆様、お疲れさまでした!

 

 

最近の画像つき記事

ライター紹介

福家孝

小学校4年生から建築の仕事をすると決めて
終始一貫ぶれずにやってきました。
好きだからこそ続きましたし、これからも変わる事はないでしょう!

一級建築士/福祉住環境コーディネーター

お問い合わせ