一戸建て・注文住宅・新築・リフォームなら大阪北摂(吹田市・豊中市・江坂)の弊社にお任せください

住まいと結露の知恵袋

カテゴリー: リブランド住まいのお役立ちブログ

快適で健康的な暮らしのために、知って得する「結露」の情報

 

温かい湿った空気が急に冷やされたり、冷たい物に触れたりした時に、

空気中の水蒸気が水滴に成る現象を「結露」と言います。

B7EBCFAAA5A4A5E1A1BCA5B8

たとえば、コップに冷たい水を注ぐとコップの外側に水滴がつきますよね。

それが結露です。

結露の正体は、空気中の水蒸気でした。

sec01_img07

上記の通り①  ②  ③を経過すると、窓の表面温度が露点温度より低い時、

窓の表面に結露が発生します。  すなわち

室内の湿度が高くて窓の温度が低いと結露はおこるのです。

どんな症状が結露水が原因?

img_20080212T064051328

結露は私たちの生活や住まいに対して、様々な悪影響を及ぼします。

いくつかのトラブル例をあげますので、なぜ結露対策が必要か

お分かり頂けると思います。

123012348908816220604_000_1466

水分を吸収する壁紙、カーテン、畳、布団、押し入れ、家具の裏、壁の中

など乾燥が上手く出来ずに時間が経つと影響は結構なものと成るでしょう。

結露やねはぎ1

隠れている所を探し出すのは大変で、建物の構造部に影響が出ると

寿命も一気に縮まり、また補修にも莫大な費用を要することに成りますね。

放っておくともうひとつ問題が、カビ、ダニの発生で健康状態までも

損なってしまいます。 大変ですよ!

結露の被害は知らないうちに拡大し、病気の原因に成ることも有るので

要注意です。

結露を抑えるために。「断熱編」

断熱サッシの使用

object95

断熱サッシは外気の冷たさを室内側に伝えにくくします。

窓枠やサッシの室内側表面温度を下がりにくくすることで

結露の発生を抑えます。

断熱サッシには窓付近で冷えた空気が床に流れる現象が

減少するため、足下の寒さを抑えたり、冷気の輻射が

減少するため、窓周りの冷え冷え感を抑えます。

結露を抑えるために。 「断熱編」

c01_img01

断熱材には外気の冷たさ、暖かさを室内に伝えにくくするとともに、

建物の保温性を高め室内の温度が下がりにくく、上がりにくくする

効果があります。

結露を抑えるために。住まい方編

k

空気中に含むことが出来る水蒸気の量は、その空気の温度によって決まります。

同じ温度では水蒸気の多く成るほど湿度は高まり結露は発生しやすく成ります。

結露を抑えるには住まい方に工夫が必要です。

まずは十分な換気を行い室内で発生した余分な水蒸気をこまめに外へ

排出する様にしましょう。

また水蒸気そのものを減らすために、洗濯物を室内になるべく干さない、

お風呂の蓋は開けっ放しにしない、加湿器の使用は控えめに、水蒸気の

発生がない暖房機を使うなどに注意して下さい。

結露は家にも体にも悪影響を及ぼしますので、新築だけに関わらず

リフォームやプチ改修で対策方法は色々有ります。

過度の施しはしなくても大丈夫ですが、一度対策検討をしてみる価値は

有りそうですね。

お気軽にご相談下さいね!

 

 

 

 

 

最近の画像つき記事

ライター紹介

福家孝

小学校4年生から建築の仕事をすると決めて
終始一貫ぶれずにやってきました。
好きだからこそ続きましたし、これからも変わる事はないでしょう!

一級建築士/福祉住環境コーディネーター

お問い合わせ