一戸建て・注文住宅・新築・リフォームなら大阪北摂(吹田市・豊中市・江坂)の弊社にお任せください

開発工事と共に遺跡調査と田んぼの土入れ!

カテゴリー: リブランド住まいのお役立ちブログ

開発工事の準備段階として豊中市生涯学習課、文化財保護係から

埋蔵文化財の試掘調査の協力要請が有り、本日現場で試掘を

行いました。

IMG_0435

今まで田んぼとしてお米を作られていましたが、後継者などの

問題も有って当敷地にて有効活用を行うことに成りました。

計画建物の基礎の一番深くまで掘削する部分について、遺跡が

出土しないかを確かめるため、試し堀を行い黙視で確認します。

IMG_0436

土の層で言いますと上から稲を植えていた田んぼの土で、その下が

田んぼの水が抜けない様に粘土で、この辺は粘土層が随分深く

2、0m位まで続いていました。

ようやく砂層が現れてきたと思いきや、水が湧き出てあっと言う間に

水がたまって底が見えなく成りました。

IMG_0438

市役所の担当者いわく、地域性もあるそうですが深さと土の層から見て、

遺跡が出土する事は無いようでして、本格的な遺跡調査に及ぶ事は

有りませんでした。

ここから数百m離れた所では40年くらい前に、奈良時代か平安時代の

住居跡の遺跡が出土したそうで、当場所も念のための調査でした。

あ〜良かった!

もしも重要な遺跡が出土した場合は、文化財保護法という法律で遺跡は

守られているため、何事の工事も一旦止まってしまい、その範囲の

全ての事が分かるまで調査が行われます。

期間は定めなく終わるまで、費用は定めなく掛かった分は土地所有者が

負担するなど、不条理な取り決めが法律で定められています。

なので あ〜良かった!

土地を購入する時には、遺跡が出土しやすい場所かどうかを調査する必要が

有ると思われます。

IMG_0461

今回の開発場所は見えている田んぼ全てではなく、中心から右側の

部分でして、地上げを行うので田んぼが不要に成るため、左側田んぼ所有者から

表土を譲ってほしいと依頼があり、遺跡調査完了後に土をはねている

風景となっています。

開発許可申請がなかなか思う様に進んでいませんが、隣地の田んぼは5月25日から

整地、整備に入り田んぼを耕されます。

翌月9日からは水を張、田植えが始まるそうです。

境界沿いに地上げに伴う擁壁を築造しないと行けませんので、月末には許可完了し

擁壁の底版だけでも完了しておきたいと思っています。

いや、やらなければなりません。

急げ〜

頑張ろ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の画像つき記事

ライター紹介

福家孝

小学校4年生から建築の仕事をすると決めて
終始一貫ぶれずにやってきました。
好きだからこそ続きましたし、これからも変わる事はないでしょう!

一級建築士/福祉住環境コーディネーター

お問い合わせ