一戸建て・注文住宅・新築・リフォームなら大阪北摂(吹田市・豊中市・江坂)の工務店まで

たった1つしかない土地

カテゴリー: リブランド住まいのお役立ちブログ社長ブログ

土地の歴史

もともと土地は個人が所有しているものではありませんでした。縄文時代や弥生時代はさておきまして、江戸時代の豊臣秀吉が検地を行い、いわば太閤検地とよばれ、工作権を保証するとともに年貢負担者とするなどを行い、個人の所有物に近づいていったと言われています。

土地は私たちが暮らす上で非常に大事なものであり、その土地の上に家が建ち生活がスタートしていきます。

戸建て住宅であろうがマンションであろうが、所有物であろうが、借り物であろうが、人が暮らすための必需品といか不可欠なものであり、その場所を確定することが重要であることは間違い有りません。

002f6fbb833ceefdae8f32821ac1f314_s

土地形状

一言で土地と言いますが、まずは物質的な形状が気になるところです。
平坦地や傾斜地、正方形、長方形、台形、変形、旗地などが有りその形によって建物の計画が左右され、住む人のライフスタイルをも変化していくことに成ります。
一部の形状は人の手により変化さすことが出来まして、使い勝手の悪い土地を優良地に仕立て上げ、くらしに役立つ場所に成る要素を兼ね備えています。

34a99f718cf2abeec5ee9d97b713b265_s

立地

別の観点から考えますと、立地が上げられまして、例えば利便性、住環境、眺望、学校区などが上げられ、暮らすスタイルや人生観で、どの部分を優先するかは人それぞれ違うものと成ります。
この諸条件は土地の価格にも影響することが有り、やはり利便性を優先すれば高価になり、その逆に不便ではありますが環境重視は、安価に手に入れる可能性が高くなるとことは間違い有りません。

233c32abda8169e6862fe2cc61df7f43_s

土地は故郷

上記に書かせて頂いた土地形状、立地などの組み合わせは何一つ同じものはないのです。
ましてやその土地に建てる家も千差万別で、そのことをふまえるとその家族に取っての暮らしはオンリーワンであるしかないのです。
だからこそ、その土地が家族に取っての大切な故郷であり、歴史が刻まれていく場所であるのです。
限られた予算の中で土地探しを行いくことと、現在人が住んでいない場所から選ばないと行けませんので、100%満足いくことは殆んどないかも分かりません。
それくらい大切であり重要なことなので、人生のページが新たに開けれるとのおもいで探していくと、ワクワク感が広がりを魅せると思います。

土地とめぐり会うのもなにかの縁であり、足しげく足を運んだり、出会いたいと思うことも必要です。
私たちは沢山の縁を見て来ています。ここちよい暮らしを探されている方のお手伝いをさせて頂きたいと思っています。
どんなことでもご相談頂ければ幸いです。

3362f7e1e2375476e58de70945b94ce0_s

 

 

最近の画像つき記事

ライター紹介

福家孝

小学校4年生から建築の仕事をすると決めて
終始一貫ぶれずにやってきました。
好きだからこそ続きましたし、これからも変わる事はないでしょう!

一級建築士/福祉住環境コーディネーター

お問い合わせ