一戸建て・注文住宅・新築・リフォームなら大阪北摂(吹田市・豊中市・江坂)の工務店まで

小京都、飛騨高山ぶらぶら散策 飛騨牛も・・

カテゴリー: リブランド住まいのお役立ちブログ

飛騨高山とは、岐阜県北部にある高山市のことで、飛騨地方の中心にあるため、

一般に『飛騨高山』と呼ばれています。

IMG_9589

旧高山市中心部は江戸時代以来の城下町・商家町の姿が保全されており、

その景観から「飛騨の小京都」と呼ばれています。

IMG_9604

町並みは文字通りの小京都で、観光客用ではありますが人力車も

行き交っていました。

乗っているのは外国人観光客がほとんどでした。

IMG_9585

全く当時の状況で残っているわけでわなく、観光客用のお店に

変化していて全体的な町並みとしての風情が残っているわけで、

町おこしのプロジェクトが上手く作用した地域なのでしょう。

しかしながらの観光客の数に圧倒されました。

IMG_9592

建築を携わる物として散策中に目に飛び込んだのが、今では見かけなく

なった鍛冶屋さんで、職業としても少なく成っていることはまぎれも無い

事実で、最近では鉄骨工とか金物工と言うのでしょうか。

それはさておき、ここからは少しグルメレポートとさせて頂きましょうか!

IMG_9593

まずはぬれおかきでして、チェーン店ではありますが寺子屋本舗と言う

お店で手焼きせんべい専門店の串に刺さったぬれおかきが目に飛び込みまして、

七味唐辛子を一本頂きました!

IMG_9594

見るからに辛そうな感じですが、マヨネーズがぬられていて一口

食べると食感も良く、香ばしい感じが何ともたまりませんで、二口目

を頬張ろうとしたその時くらいから、口の中に辛さが広がり

思わず「 辛〜 」!! でした。

IMG_9597

次は肉まんですが、肉まんはアンが豚であるのですが、これはとても

とてもジューシーな飛騨牛!で初めての経験はGOODです。

IMG_9596

この店はメインストリート“さんまち”にある「飛騨手造り工房 喜八郎」

と言うお店でブランド牛の飛騨牛を使っていることが人気を呼んで

いるのでしょう。

コンビニの豚まんとは何が違うってふんわり感と濃厚さはもちろん

ビックリの値段は500円! 値打ちはありましたが・・・・・

IMG_9605

散策終盤はデザートで締めくくりをしました。

蜂蜜入りのはちみつソフトをいただきまして、感想としては

すごくマイルドで、とっても優しいソフトクリームと言う感じでした。

初めての味に舌鼓を打ってグルメレポートは終了したいと思います。

実は残念なことがありまして、「目に飛び込んだぬれおかき」で

レポートが始まったかの様ではありますが、撮影することをすっかり

忘れていて掲載することができなかった、みたらし団子の醤油味1本と

飛騨牛コロッケ1個がもうおなかの中へ入っていたのです。

すいませんね〜

どれも美味しかったことには変わりありません、飛騨の皆さん

有難う御座いました!!

最近の画像つき記事

ライター紹介

福家孝

小学校4年生から建築の仕事をすると決めて
終始一貫ぶれずにやってきました。
好きだからこそ続きましたし、これからも変わる事はないでしょう!

一級建築士/福祉住環境コーディネーター

お問い合わせ