超変革!阪神タイガース

今年の阪神タイガースは指揮官、金本監督が掲げる

「超変革」がゲームに反影されているのでしょう。

昨年までのレギュラー選手が今年はゲームであまり活躍の場が

見られていません。

反対にルーキーや育成枠からの一軍での試合に出場していると言う

場面が多く見られています。

若手をただ起用しているのではなく、活躍している事、戦力になっている事が

すごい事ではないでしょうか。

指揮官の思いや方針がチームに、球団に影響している事が良く感じられ、

全選手が頑張れる環境が整ったのではないでしょうか。

この超変革に大きく貢献しているのが私は掛布二軍監督だと思います。

かつてMr.タイガースとよばれ阪神を背負って立った時代が有りました、

その後いろんな事から阪神タイガースに直接関わる事がなかったが、

今シーズンから満を持して参画しています。

金本監督と掛布二軍監督がうまく連携が取れている事が、今の阪神タイガースの

象徴である事は間違いないと思います。

師弟関係に有るかも分かりませんが、掛布二軍監督が金本監督を

したから上手くサポーとしているのではないでしょうか。

金本監督いわく、今レギュラーは鳥谷、福留、ゴメスの3人しかいないと

言われています。

全員にチャンスが有ると思います。

指揮官の方針でチームは大きく変わる事を、企業にも合わせる事が

出来るのではないでしょうか。

まずは実践!

 

投稿日: