一戸建て・注文住宅・新築・リフォームなら大阪北摂(吹田市・豊中市・江坂)の工務店まで

ハウスオブザイヤー・イン・エナジー商品開発

カテゴリー: リブランド住まいのお役立ちブログ

ハウスオブザイヤー・イン・エナジーだからこそ

今、これから、未来へ!

IMG_3002

私たち家造りをする工務店はその家を造らせて頂くことが

出来なければ、力を発揮することが出来ません。

空間の想像力は職業をつうじて身に付いているのですが、

お客様を創造することが大変苦手ではないでしょうか。

いま最もむずかしいといわれるのは「ブランディング」「マーケティング」

建築業界では太陽光や蓄電池、高気密高断熱と言った省エネの仕様を使い、

省エネ住宅の取り組みを行っています。

そのなかどうやって私たちの省エネ住宅が他社より優れていることを

証明出来るか?そのために必用なのはその価値を決定的にする

「ブランディング」ではと考えます。

ブランディングが出来なければ?

どんなに優れた資材や仕様をつかっていい商品を造ったとしても

商品の価値をお客様に伝えることが出来ない。

結果、誰からも認められず消えて行きます・・・・・・

ブランディング出来た後は?

「マーケティング」が次の作業でしょう。

なんとしても制作した商品を世の中の人(お客様)に認知して頂く

ことが重要で、広報や宣伝が欠かせない活動となります。

IMG_3007

あらためまして、「ハウスオブザイヤー・イン・エナジー」とは?

建物外皮とエネルギー設備機器を一体ととらえられ、トータルしての

省エネルギー性の優れた住宅を表彰する制度です。

車においては「カーオブザイヤー」と言うことです。

表彰住宅の選定にあたっては、学識経験者などで構成される審査委員会が

厳正な審査によって行われるという厳しいものです。

IMG_3770

しかし、このハウスオブザイヤー・イン・エナジーを受賞することが出来れば

商品としては素晴らしいものであることを、第三社機関が認めたことになり、

なによりも強いブランド力と位置づけられるのでしょう。

 

我が社に取って壮大なプロジェクトですが、着実に前していることは

社内でも共有出来ています。

各自が何を行うかの住み分けも今では認識でき、目に見えるものが

できることに充実感を感じていますが、試行錯誤の繰り返しは

否めません。

IMG_3782

私たちのプロジェクトでブランディングさせて行く商品は

「LIV’N  マジカル」 とネーミングされました。

詳細は次回お伝えしたいと想います。

 

(ハウスクラフト株式会社様 株式会社ゴジョウ様 資料提供)

 

 

 

 

 

最近の画像つき記事

ライター紹介

福家孝

小学校4年生から建築の仕事をすると決めて
終始一貫ぶれずにやってきました。
好きだからこそ続きましたし、これからも変わる事はないでしょう!

一級建築士/福祉住環境コーディネーター

お問い合わせ