一戸建て・注文住宅・新築・リフォームなら大阪北摂(吹田市・豊中市・江坂)の弊社にお任せください

アートの島、直島への行き方、楽しみ方・パート3

カテゴリー: リブランド住まいのお役立ちブログ

こんにちわ!

曽谷です!

めちゃくちゃ久々の投稿ですm(_ _)m

ということで、本日のブログ書いていきたいと思います!

今週は、直島~本村編~です!

view_map

本村区では「家プロジェクト」が展開されています。

このプロジェクトは点在していた空き家などを改修し、人が住んでいた頃の時間と記憶を織り込みながら、空間そのものをアーティストが作品化しています。

作品は現在、「角屋」「南寺」「きんざ」「護王神社」「石橋」「碁会所」「はいしゃ」の7軒が公開されています。

地域に点在する作品は、現在も生活が営まれている本村を散策しながら鑑賞することができます。

その過程では、場所の持つ時間の重なりやそこに暮らす人々の営みを感じることもできます。

生活圏の中で繰り広げられる来島者と住民との出会いにより、さまざまなエピソードを生み出しているのもこのプロジェクトの特徴だそうです。

その中でも、面白かったのは「南寺」「はいしゃ」でした。

南寺

img_12

南寺は1回に入場できる人数が決まっているため整理券がでます。

なのでとりあえず、ここに行って整理券をもらっておくと安心です。
10分前には集合しないといけないのですが、その合間に他の家プロジェクト見に行ってもいいし、ボケーッとしていてもいいです。

自分は待ち時間は他のを回りました。

南寺は地中美術館でも作品を展示していたジェームズ・タレルさんの手がけたプロジェクト。

というわけで、こちらは光をアートにした体験型の作品です。

真っ暗の部屋の中に入って、少しの光を頼りに建物内を歩きまわる感じです。

個人的には家プロジェクトの中で一番好きでした!

 

次は、はいしゃです!

IMG_1402

家プロジェクトの中でもかなりの異彩をはなつのがこの「はいしゃ」
まるで、秘密基地のような感じがすごくかっこいいです。

映画やマンガの世界に入ったかのような気分になってきます。

ぶっ飛んだかんじがいいです。

かつては歯科医兼住居だったそうですが、当時の面影など微塵もない(笑)感じが素晴らしいです。

外観同様中身もぶっ飛んだかんじです。

 

都市と地方、若者とお年寄り、住む人と訪れる人とが交流していく中で生まれる新たなコミュニティの在り方を提起する契機になった

この有機的な取り組みは、日々変化しながら進化を続けています。

今回の投稿で直島の話は終わりです!

思い返せばこの記事はシルバーウィークのネタでした。

「いつまで昔の話ししてるねん」という声もありましたのでシルバーウィークの話は終わらします。

来週からは、もっと読者のためになることを書いていきたいと思います!

よろしくお願いいたします。

直島の他の話しです↓是非見てください

直島の話しパート1→http://www.liveland.co.jp/blog/a-tonosima/

直島の話しパート2→http://www.liveland.co.jp/blog/a-tonosima-2/

 

 

最近の画像つき記事

ライター紹介

曽谷拓実

Q.性別  A.男です。
Q.出身地 A.大阪府吹田市青山台です。
Q.年齢  A.23歳です。
Q.趣味  A.寝ること(暇があれば寝ています)
Q.特技  A.寝ること(どんだけうるさいところでも寝れます)
Q.口癖  A.あーね!
Q.これだけは誰にも負けないこと  A.目をつむってから、熟睡状態になるまでの速度
Q.好きなアーティスト  A.EXILE!!
Q.好きな曲  A.EXILEの曲
Q.好きな言葉  A.なんとかなる
Q.好きなドラマ  A.医龍(無理難題をみんなの力を合わせて、乗り越えていくところが好きです)
Q.好きな映画  A.ロード・オブ・ザ・リング(劇中の現実と非現実の間のような風景が好きです)
Q.好きなスポーツ  A.サッカー(ウイニングイレブンは得意です)
Q.好きな食べ物  A.事務所の近くの王将の特ハンセット
Q.人生今まで一番の思い出  A.人生、初の海外旅行スペインです!サグラダ・ファミリアの完成が待ちどおしいです

最後に一言
ここ最近で会社の車を、キズつけまくってしまっています。
こないだは、フロントガラスにヒビを入れちゃいました
運転、きおつけます(T_T)

お問い合わせ