一戸建て・注文住宅・新築・リフォームなら大阪北摂(吹田市・豊中市・江坂)の工務店まで

春らしい快適空間づくり

カテゴリー: リブランド住まいのお役立ちブログ

部屋の区切りをアレンジして気分を新たに
春らしい快適空間づくり

うきうきと心がはずむ新しい季節。
春のポカポカとした陽気にあわせて気分を一新する模様替えをしてみませんか? 

新緑のまぶしい春。寒い冬に活躍したカーペットや暖房器具をしまうのにあわせて、部屋をリフレッシュしませんか。今回は、開放感を活かしたまま部屋を区切る3つのアレンジアイデアを提案します。

omote3

1. 収納家具を使って部屋を飾って区切る!

ひとつめのアレンジは、壁にぴったりつけて配置することの多い棚などの収納家具で部屋を区切るアイデア。
たとえば両側からアクセスできる飾り棚なら、窓から入る光を遮ることなく、区切ったスペース同士をゆるやかにつなぎ、適度な距離感を生み出せます。
また背の低いサイドボードを用いれば、空間を圧迫せずに部屋を区切って動線を変えることで雰囲気を一新できます。

2. 布やロールカーテンで軽やかに部屋を区切る

ふたつめは、布やロールカーテンで部屋を区切るアイデアです。
パステルカラーなどの明るい色や、透け感のある涼やかな素材を選ぶことで春らしさを演出するなど、がらりと部屋の雰囲気を変えることができます。

3. アクリルやスチールで素材感を楽しもう

もうひとつ、自由に動かして区切ることができる自立タイプのパーテーションは、来客時などシーンにあわせて臨機応変に部屋を区切ることができます。
アクリル板やスチールなど、部屋のアクセントになるさまざまな素材を簡単にとりいれることができるのもポイントです。

いつもの慣れたスペースをリフレッシュすることで、新しい春の季節を一層充実させてください。

リビングなどの広い空間に存在感のある飾り棚をプラスすれば、便利な収納スペースとしても活躍します。
グリーンなどをセンスよく配置して春らしさを楽しんでください。

omote4
暮らしメモ
ロールカーテンなど新しいものを購入・設置しなくても、手持ちのお気に入りの布などを活用して部屋を区切る手軽なアイデアを紹介します。

スペースにあわせて簡単取り付け

部屋を布で仕切りたいときは、取り付けの簡単な左右に突っ張るポールや、場所を選ばず取り付け可能な床と天井の上下に突っ張るタイプのポールなどスペースに合った市販品を活用しましょう。
フックねじとポールを組み合わせることで、自由度の高い設置ができるプチDIYもおすすめです。

お気に入りの布をカーテンにアレンジ

手持ちのお気に入りの布を区切りアイテムとして活用したいときには、クリップタイプのフックが便利。
縫い直したりすることなく、クリップで布をとめるだけでポールにつり下げることができます。

簡単にカーテンを設置したいなら突っ張りポールがおすすめ。
難しい場合は壁にフックねじを取り付けてポールをひっかけるスタイルに挑戦してみましょう。

出典・提供 : 全てLIXIL

最近の画像つき記事

ライター紹介

リブランドマネジメント

空間をプロデュースするだけではなく空間ビルダーとして建物を創造し「心地よい時間を共有するための空間創り」という活動を通じて、関わる総ての人に笑顔を提供できればと思っています。
コンセプトは「ここにしかない空間をかたちに」
オープンスペースもありますので、気軽にお立ち寄りください。

お問い合わせ